【基本】クレンジングの種類|選び方・洗浄力の強さ・メリット・デメリットを総まとめ

美容知識

クレンジングの種類、見直しませんか?

皆さん、“なんとなく”でクレンジングを選んでいませんか?

「安かったから」「とりあえず落ちればいい」「どれが肌に合っているのかわからない」など、選び方に困る理由は様々ですが、意外とその選択が肌トラブルに繋がっているかも。

今回は改めてクレンジングの種類別でメリット・デメリット・洗浄力の強さなどを紹介し、選び方をまとめていきたいと思います。

クレンジングの種類

クレンジングには大きく分けて、

  • オイルクレンジング
  • ジェルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • 水クレンジング
  • バームクレンジング
  • シートクレンジング
  • ポイントクレンジング

があります。

他にもクレンジングの種類は存在しますが、メジャーなのはこの7種類になるでしょう。

それでは、各クレンジングについて特徴をご紹介します。

各クレンジングの特徴

オイルクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

オイルクレンジングは商品数も多く、ドラッグストアなどでも数多く販売しています。プチプラで購入できる商品も多いから、学生さんやなるべく価格を抑えたい方にもおすすめ。

オイルクレンジングの特徴としては、何と言っても落としにくいメイクも落とせる洗浄力の強さ。ただ、洗浄力が強い分、肌への負担が大きいのも特徴の1つ。

クレンジングの際、肌への負担は気をつけたい要素の1つですが、クレンジング時に必然的に発生する“摩擦”も肌への負担に繋がります。

その為、洗浄力の弱いクレンジングを使って肌をゴシゴシ擦るよりも、しっかり洗浄力のあるクレンジングでスムーズに擦らず落とせる方が肌負担はかえって少ないかもしれません。

肌への負担が大きいとはいえ、中には敏感肌向けに作られたオイルクレンジングなどもあるので、アイテム選びに気を使えばある程度問題はクリアできそうです。

ジェルクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

ジェルクレンジングは、その中にもタイプがあり、そのタイプによって特徴が大きく異なります。

それが「水性」「オイルイン水性」「油性」の3タイプ。

  • 「水性」…オイルフリーで、マツエクを付けている方も使用できるタイプ。脂性肌でニキビが気になる方にもオススメ。ジェルクレンジングは油分が増えるほど摩擦力が強くなるため、ジェルクレンジングの中では、最も摩擦力が弱いタイプ。
  • 「オイルイン水性」…市販のジェルクレンジングの多くがこちらのタイプ。水性ジェルと油性ジェルの中間に当たるタイプがこちらで、洗浄力や摩擦力など、ジェルクレンジングの中で最もバランスの取れたタイプ。
  • 「油性」…オイルを主成分としたタイプ。ジェルクレンジングの中では洗浄力が最も高いタイプ。濃いメイクをすることの多い方や、乾燥肌の方と相性が良いです。

クリームクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

クリームクレンジングは、こっくりとしたテクスチャーのため摩擦力が低くしっとりとした洗い上がりが特徴です。油分が多いためニキビの出来やすいお肌の方には不向きかもしれません。

洗浄力は、低〜中程度。そんなに濃いメイクをしない方に向いています。

水クレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

水クレンジングは最近とても注目度の高いクレンジングタイプ。サラサラとした水のようなテクスチャーで、コットンに含ませて優しく拭き取るように使用します。

洗浄力は中程度で、コットンで拭き取るタイプだから、お部屋のどこに居ても楽々メイクを落とせちゃうのが人気の秘訣です。

オイルフリーの商品が多いため、マツエクを付けている方でも使用OK。

ただ拭き取りタイプなのでクレンジング時の摩擦は気をつけなければなりません。

マスカラなどのアイメイクは落としにくいので、アイメイクリムーバーと併用するのもオススメです。

バームクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

バームクレンジングは毛穴汚れや黒ずみへの効果を期待できるクレンジングタイプ。ジャーに入った物をスパチュラなどで手に取り、体温で温めてから使用するとジャリジャリ感のあったバーム状からとろみのあるオイルのようなテクスチャーに変化します。

洗浄力は中〜高。スルスルと肌を滑るように馴染みながらメイクを落とすので摩擦も少なく、クレンジング後の乾燥も少ないです。

シートクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

シートクレンジングは、クレンジング液をシートに染み込ませたタイプのクレンジング。

洗浄力は染み込ませてあるクレンジング液によるので低〜高まで様々。

拭き取りタイプなので肌への摩擦には注意して使用する必要があります。

水タイプ・オイルインタイプなど商品によって様々なので、好みの洗浄力や使用感に合わせて選ぶと良いですよ。

ポイントクレンジングの特徴|メリット・デメリット・洗浄力

ポイントクレンジングはその名の通り、あるポイントのみに使用するクレンジング。

マスカラなどの頑固なアイメイクを落とすアイメイクリムーバーや、落ちにくいリップティントを落とすリップリムーバーなどが販売しています。

どれもメインで使用するものではなく、他のクレンジングと合わせて使用するものなので、アイメイクが濃い方やリップティントを使用する方、クレンジングの洗浄力が物足りない方はこちらで補ってみるのも一つの手ですよ。

クレンジング総まとめ

洗浄力で選ぶなら

  1. オイルクレンジング
  2. バームクレンジング
  3. 油性ジェルクレンジング

摩擦力の低さで選ぶなら

  1. 水性ジェルクレンジング
  2. 水クレンジング
  3. バームクレンジング

保湿力で選ぶなら

  1. クリームクレンジング
  2. バームクレンジング
  3. 油性ジェルクレンジング
タイトルとURLをコピーしました