ドクターディファレント ビタAクリーム 成分解析

【成分解析】ビタAクリーム/Dr.Different(ドクターディファレント)

今回は韓国の美容系YouTuberキムスプスプちゃんの動画で話題のDr.Different(ドクターディファレント)の「ビタAクリーム」を成分解析しました◎

本当にニキビに効くの?

成分は安全なんだろか…

こんな疑問を抱える方は必見。

Dr.Different ビタAクリームの成分解析結果

Dr.Different ビタAクリームの成分解析結果は…

  • 総合評価 A
  • 求める効果 A
  • 成分安心度 A
  • 刺激可能性 中
  • アレルギー可能性 低

成分からみてどんな効果があるのか?や、Dr.DifferentのビタAクリームの成分メリット・デメリットをご紹介します。

Dr.Different ビタAクリームの効果・メリット

Dr.Different ビタAクリームを成分解析したところ…

  • レチノールによるニキビ・ハリ改善
  • 黄色ブドウ球菌増殖抑制によるニキビ改善
  • 保湿・水分を閉じ込める力に優れている

といった結果でした◎

レチノールによるハリ・ニキビ改善

Dr.DifferentのビタAクリームといえば、レチナール。

ここで、こんな疑問を抱える方も多いかと思います。

レチノールは聞いたことあるけど、レチナールは別物なの?

その疑問にお答えすると、レチナールもレチノールも同じビタミンAの一種です。肌から浸透するとレチノール > レチナール > レチノイン酸(トレチノイン)と変化します。

ポイント

変化していく過程で成分が減っていき、性質が少し変わっていくよ!

最初からレチノイン酸をを使えばいいじゃん!と考えてしまいますが、レチノイン酸は日本人の肌にはとても刺激の強い成分で、レチナールは成分の安定性がとても低いため、一般的に化粧品に配合されるのはレチノールが多いです。

そこでDr.Differentは10年研究を重ねてリポソーム化によってレチナールの安定性を高めてこのクリームに配合しているそうです。

レチノールは医薬部外品で肌荒れ・シワ改善有効成分として日本でも使用されているため、レチナールも肌荒れやシワなどに効果が期待できる成分だと思います。

0.05%と0.1%配合量の2タイプがありますが、レチノールが0.01〜0.1%で効果が期待できる配合量と言われているので、レチナールでも十分効果を期待できる配合量だと考えられます◎

黄色ブドウ球菌増殖抑制によるニキビ改善

Dr.DifferentのビタAクリームはレチナールが主な機能成分ですが、黄色ブドウ球菌増殖抑制効果により肌全体の常在菌バランスを整え、ニキビを改善する効果があるのではないかと予想しました。

Dr.DifferentのビタAクリーム内の成分でいうと、オレイン酸が黄色ブドウ球菌を抑制する効果があり、ベニバナ種子油とシア脂はオレイン酸を含む成分です。

肌には常在菌が存在します。代表的な常在菌は以下の3つ。

  • 表皮ブドウ球菌
    悪玉菌の活動を抑える物質・皮膚の炎症を抑える物質を作り出す
  • 黄色ブドウ球菌
    菌のバランスが取れていれば悪さはしないが、肌を弱酸性に保つ菌が減少し、肌がアルカリ性に傾くと、黄色ブドウ球菌が増殖し過ぎてしまい炎症が起きる
  • アクネ菌
    普段は善玉菌の働きをしているが、皮脂の量が増え毛穴が塞がることでアクネ菌が増殖し過ぎてしまいニキビができる

黄色ブドウ球菌・アクネ菌もなくてはならない常在菌なんですが、過剰に増殖することで肌荒れを起こしてしまいます。

つまり黄色ブドウ球菌の過剰な増殖により肌荒れが起きている肌には、その増殖を抑制することで表皮ブドウ球菌の優位性を取り戻すことができ、肌荒れを改善を期待できるということです◎

保湿・水分を閉じ込める力に優れている

Dr.DifferentのビタAクリームに使用されている保湿成分はグリセリンですが、成分表にはヒアルロン酸Naも配合されています。

グリセリンとヒアルロン酸Naは組み合わせることで保湿力・保湿持続力ともに格段にアップする相性の良い成分同士なので、保湿力は期待できるかと思います◎

さらにスクワランやシア脂など、お肌に蓋をするエモリエント作用のある成分も多く配合されているので、水分を逃さず、しっかりとお肌に閉じ込めてくれます。

Dr.Different ビタAクリームのデメリット・注意点

レチナールなどのビタミンAは刺激を感じる人も…

レチノールやレチナールなどのビタミンAは刺激を感じる方も多い成分です。

レチノールはアイクリームなどによく配合されている成分なので、アイクリームを使用して刺激を感じたり赤みや腫れを感じたことのある方は、もしかしたらレチナールにも同様に刺激を感じてしまうかもしれません。

レチノイド反応

ビタミンAが不足している肌に突然多くのビタミンAを与えると肌の新陳代謝が促されることで赤みやかゆみ・乾燥などを引き起こすレチノイド反応というものがある。これは毒性でもアレルギーでもなく、ビタミンAに慣れるにつれ改善する。少ないレチノールから慣らしていくことが大切。症状が長引いている場合や重症な場合は、レチノイド反応ではないかもしれないので病院へ。

敏感肌の方はもちろん、健常肌の方もパッチテストをしてから使用してくださいね◎

グリセリン・シア脂はアクネ菌のエサになる

保湿・エモリエント成分として配合されているグリセリンとシア脂はニキビの原因となるアクネ菌のエサとなる成分です。

黄色ブドウ球菌の過剰増殖による肌荒れなら効果を期待できそうですが、アクネ菌が毛穴に詰まり過剰増殖することによってニキビができている肌タイプの方はかえってニキビを悪化させてしまうことにも繋がりかねません。

使用する際には自分の肌タイプをよく見極めることが重要そうです。

Dr.Different ビタAクリーム 全成分表

Dr.Different ビタAクリームは、21種類の成分でできたクリーム。

各成分の詳細はこちらからご覧ください。

EWG安全性刺激性アレルギー性成分 (配合目的)備考
EWG等級1


(溶剤)
EWG等級1
不明エチルヘキサン酸セチル
(エモリエント、感触調整)
エステルという種類の合成油
油っぽさがなく、サラッとした感触
EWG等級1-2

グリセリン
(保湿)
多価アルコール(一般的なアルコールとは異なる)
代表的な保湿成分
ヒアルロン酸Naとの併用によってより高い保湿力・保湿持続力・皮膚柔軟性を発揮する
EWG等級1

スクワラン
(エモリエント、感触調整)
炭化水素という種類の天然/合成油
油っぽさがなく、サラっとした感触
EWG等級1ベニバナ種子油
(エモリエント)
・オレイン酸を10%含む
EWG等級1

シア脂
(エモリエント、形状調整)
植物油脂
EWG等級1評価中評価中アブラナステロールズ
(エモリエント)
EWG等級1低-中コレステロール
(保湿,エモリエント,乳化安定)
・人の細胞間脂質に存在する成分
EWG等級1評価
なし
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)
(エモリエント)
EWG等級1

1,2-ヘキサンジオール
(保湿、防腐)
多価アルコール(一般的なアルコールとは異なる)
少量でも防腐効果を示すため、防腐剤の量を減らすためによく使用される
EWG等級1評価中オレイン酸ポリグリセリル-10
(乳化)
EWG等級1不明不明ヒアルロン酸Na
(保湿、皮膜形成、ハリ改善)
代表的な保湿成分
グリセリンとの併用によってより高い保湿力・保湿持続力・皮膚柔軟性を発揮する
EWG等級1-2

水添レシチン
(乳化)
両性/アンホ界面活性剤
EWG等級1評価
なし
不明不明ポリグルタミン酸
(保湿,皮膜形成)
EWG等級1セラミドNP
(保湿,バリア機能改善)
・人の細胞間脂質に存在する成分
EWG等級1

ステアリン酸
(感触調整、形状調整)
脂肪酸
EWG等級3-6評価
なし
不明不明レチナール
(ハリ改善)
・製品全体の0.05%配合
・ビタミンA
・ビタミンAが不足している肌に、急に多くのビタミンAを補給すると、稀に肌の新陳代謝が促進されることによる乾燥や赤みなどのレチノイド反応が起こることがある
・ビタミンAはレチノール > レチナール > レチノイン酸(トレチノイン)の順番に刺激が弱 > 強となっていくが、有用な実験データを確認していないため、刺激・アレルギー可能性は不明と表記している
・レチノイン酸は欧米でニキビ治療薬として広く使用されている
EWG等級1低-中オレイン酸
(乳化,抗菌)
・黄色ブドウ球菌の増殖を抑制する
EWG等級1

トコフェロール
(抗酸化、酸化防止)
ビタミンE
EWG等級1低-中

アデノシン
(皮膚コンディショニング)
EWG等級1

EDTA-2Na
(キレート)
成分はDr.Different公式サイトより翻訳

この全成分表は韓国の成分表記ルールに従っていると思うので、日本の成分表記ルールとは異なっていると思います。

今回はビタAクリームは0.05%の成分表を参照しましたが、0.1%も成分配合量が異なるだけで成分は全く同じです。

ビタAクリーム0.1%の成分が気になっている時の参考にしてしまっても問題ありません◎

Dr.Different ビタAクリーム Q&A

Q. 朝晩使っても大丈夫?

A. レチノール・レチナールは光に弱く、紫外線に当たることで働きを失い、お肌を紫外線の影響を受けやすくなります

ニキビは一刻も早く改善したいので朝晩塗りたい気持ちは山々ですが、夜のみの使用にし、日の当たる場所での保管は避けましょう。

Dr.Different ビタAクリームの購入はこちらから

キムスプスプさんのお肌のニキビは、

  • レチノール配合化粧品を使ったこと
  • 黄色ブドウ球菌の増殖が抑制されたこと

の2つによって改善されたと予想できます◎

肌質が似ていたり同じタイプのニキビの方であれば、ニキビが改善する可能性は大いにあると考えられます!

気になった方はぜひ買ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました